気まぐれkimokuの癌(上咽頭癌)闘病記

癌(上咽頭)との闘病後日常生活を取り戻し                                        趣味や近郊探訪、小旅行、スポーツ観戦、グルメ等、日々の出来事を気の向くまま記事を書いています。

2021年9月18日(土)中日新聞朝刊記事より

岐阜大大学院連合創薬医療情報研究科の平島一輝特任助教授と赤尾幸博特任教授らのグループが、フキノトウに多く含まれる栄養素『ペタシン』が、がん細胞の増殖を抑制することを発見しました。

a1

記事によりますと、マウス実験では肺や膵臓、乳がんなどで効果を確認。

従来の抗がん剤のような副作用はほとんど見られず、将来治療薬の開発が期待される。

筆者も抗がん剤の副作用で苦しんだ事を経験しており、『ペタシン』の抗がん剤が早期に開発され、一日も早く治療認可されることを望んでいます。

ペタシンが抗がん剤治療に使われるようになれば、将来副作用を気にしないで治療に専念でき、患者に取りましては夢のようです。



がん(上咽頭がん)との闘病記録 - にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日定期検診に行ってきました。

新型コロナ感染拡大により、羽島市も第5波になりましてから連日のように感染者が発生し、コロナワクチンを2回接種したものの、気を緩めることが出来ません。

そんな折、6月に予約していました定期検診に行ってきました。

何時ものように問診と、両耳の検査に加え、病巣を内視鏡で検査して頂きましたが、異常は診られないとの事でした。

しかし、放射線治療の後遺症が年々ボディブローのように効いてきて、最近では声が出し辛くなってきて、食事中も度々むせて咳き込むようになりました。

歯も脆くなってきて、欠けたり割れたりして既に3本を根元(歯茎との境)から切り取りました。
(放射線治療を受けますと上下顎の骨の細胞が壊死しますので、抜歯が出来ずこのような処置になります)

更に歯茎からの出血も最近では1日に小さな盃に一杯程の量があり、夜中に喉の付近に溜まって咳き込んで、目が覚める事が度々あります。

担当医に相談しますが、患者さんそれぞれ症状に差があり、私のような症状が無い方は別の症状で悩んでおられる方もあるそうです。

私が放射線治療と抗がん剤治療を受けたのが8年前ですから、それから医学も進歩したものと思いますので、最近では後遺症も軽く済むのではないでしょうか。

次は11月29日が定期検診日になっています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 立秋(8月7日)も過ぎ、例年であれば残暑厳しい時期ですが、今年は毎日が梅雨末期のような状況が続き、各地で水害や土砂災害が頻繁に発生しています。

そんな中、スズ虫が鳴き始めました。
5日程前に「共食い」を避けるために雄と雌の一部を別の飼育箱に分けていました。

a1

赤丸印が鳴いていますオスです。 まだ申し訳程度の声で鳴いています。

下の動画は2018年の時の状況です。



元の飼育箱です。 ”密集状態”なので、天気の良い日に近所の草地にでも放してあげようと思っています。

a2

8月1日時点の様子です。 体が大きくなりましたが、未だ雄雌の区別が付きません。

a3

6月26日時点の様子です。 未だ米粒位の大きさです。

a4

6月15日時点の様子です。 米粒より一回り小さいです。

a5

孵化した時の状況はこちらからご覧いただけます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日(8月17日)岐阜県の15時発表によりますと『新型コロナ感染者』が過去最多の324人になりました。

a1

詳しいことは未だ発表されていませんが、最近帰省中の人達からの感染や、岐阜市内の病院クラスタの他に大学の運動部のクラスタもあり、一気に増加しました。

「ラムダ株」が確認され、急速に感染拡大につながったようです。

メディアでは「ラムダ株」はワクチンを2回接種した方でもワクチンの効果が期待できそうでは無いようなのでこれからはいっそう注意が必要で、不要不急の外出は極力控えるように心がけます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

今日曇り空の中、名古屋市千種区の平和公園へ『墓参り』に行ってきました。

明日13日から「お盆休み」に入りますが、天気予報では大雨が予想されるためか、既に多くのお墓には花が手向けられており、大半の方は早めに「お墓参り」を済まされたようです。

a1

お隣も既にお参りされたようです。

a2

我が家のお墓には両親と昨年亡くなった直ぐ上の兄が眠っています。
昨年は筆者が退院直後であった事とコロナ禍が重なって来れなかったので、たっぷりとお参りをさせて頂きました。

公園内には何ヵ所か駐車場が有りますが、いずれも満車状態でした。

a3

我が家のお墓近くの道路にも多くの車が駐車していました。

a4

公園内の道路にも列をなして駐車されていました。

a5

お参りを終えた頃に雨が降り出し、帰路の高速道路では一時大雨となり、ワイパーを高速モードにしながら速度を抑え、事故を起こさないよう”全集中”して運転しました。

次は秋のお彼岸にお参りに来る予定です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ