右手親指の怪我がきっかけで、しばらくCWから遠ざかっていました。
電鍵を打つ事は怪我前のようには出来ませんが、それよりも聞き取りが通常の交信速度で出来なくなりましたので、もう一度音感を取り戻す為に昔使ったカセットテープで始めました。
 
しかし、繰り返し聞こうとしたり、必要な所へジャンプしようにも手持ちのCDラジカセにはそのような機能が付いていませんので、何か良い方法はないかとWebで検索していると、私でも使えそうで、しかも自宅にある器具でできそうなフリーソフトがありました。
 
ソフト名:長禄-HDD長時間録音機(ソフトのダウンロードやインストール及び設定方法はこちら
このソフトを使って,
CDラジカセ:SONY製 CFD-S250
               ※ラジカセのヘッドフォン端子とパソコンのライン入力をステレオ
        ミニジャックケーブルで接続して下さい
コピーソフト:B's Recorder GORD BASICで始めました。
 
1.ソフトを起動した画面
イメージ 1

2.「デバイス」をクリックして画像のように設定してください。(バーの位置
      はお好みで)
イメージ 2
 
3.「分割方法」を手動で分割に設定します
  音楽テープのように曲間(無音時間)が3秒以上ある場合は良いのですが、
  今回は3秒以下の部分がありましたので、手動分割を選択しました。
イメージ 3
 
4.カセットテープをスタートさせて、「録音開始」をクリックする。
  一区切りの所でラジカセを「一時停止」し、「録音分割」をクリックしてか
  らラジカセの「一時停止」を解除する。
  これを繰り返して、必要な部分を取り出し、ファイルとして保存します。
 
5.ファイルの保存場所(初期設定)
      \My Documents\My Music\My Recording
イメージ 4
 
6.CDにコピーする前にWindows Media Player等で正しく処理されているか確
  認をして下さい。
 
7.正しく処理されていれば、B's Recorder GORD BASIC等のコピーソフトを
  使ってCD-Rにコピーをすれば終了です。
イメージ 5