気まぐれkimokuの癌(上咽頭癌)闘病記

癌(上咽頭)との闘病後日常生活を取り戻し                                        趣味や近郊探訪、小旅行、スポーツ観戦、グルメ等、日々の出来事を気の向くまま記事を書いています。

2012年05月

 私の趣味の一つである絵画鑑賞。

中部国際空港 セントレアからの帰りに名古屋市の白川公園内にある名古屋市美術館で開催中の田渕俊夫展を観賞する為、名古屋駅から地下鉄で伏見駅まで行き、そこから徒歩で会場へ向かいました。

セントレアで結構歩き、昨日の町内行事である側溝清掃作業、一昨日の海津市月見の森散策と続き久し振りに身体を動かしたので、足のふくらはぎや膝が筋肉痛。

そんな中更に15分程歩くのは結構辛い思いをしました。

白川公園内に入り左手に名古屋市科学博物館を通ると、あれ?本日休館日となっています。

なんだか悪い予感。

美術館に着いて見ると案の定休館の表示。

ガッカリ・・・ 疲れがドッと出て、しばらくベンチに座っていました。

開催期間が5月20日迄なので、もう一度出直しです。
    美術館玄関前にある案内掲示板
イメージ 1
 
    本日は休館日でした。 ガッカリ
イメージ 2
このエントリーをはてなブックマークに追加

 今朝、中部国際空港が開港7周年を記念して、この春レンガ通りやちょうちん横丁のリニューアルとした事をふと思い出し、天気も良いので妻と二人で出掛けました。
 
開港以来久し振りに行く事になり、空港直行電車ミュースカイを利用して、ちょっぴりリッチな気分を味わいました。
 
空港に11時30分頃到着しましたが、前回来た時とは大きな違いは、平日である事を差し引いてもお客様の数が少ない事です。
 
確かに発着便数が減った事の影響もあるかと思いますが、それにしても拍子抜けと言うか寂しい感じがしました。
 
ちょうちん横丁で食事を済ませた後、レンガ通りの各店をウインドウショッピングし、イベントプラザで開催されていた新潟物産展を見学し、お土産を買って、名古屋市美術館で開催中の「田渕俊夫展」を観にいきました。
 
リニューアルの状況は、http://www.centrair.jp/info/newopen2012.html
 
イメージ 1
 
名古屋鉄道の空港行き専用電車「ミュースカイ」 
 
イメージ 2
 
明るい車内。
 
名古屋駅まで乗客は私達二人だけの貸切状態でした。 
 
イメージ 3
 
名鉄一の宮駅から乗車。
 
運賃1,100円と特別乗車券350円が必要です。 
 
イメージ 4
 
平日とあってスカイデッキは人影もまばら。
 
イメージ 5
 
丁度「中国南方航空」の飛行機がエプロンからスタート地点に向かう所でした。 
 
イメージ 6
 
一時は大人気でした展望風呂「風の湯」 
 
イメージ 7
 
イベントプラザには7周年の垂幕が掲げられていました。 
 
イメージ 8

丁度新潟県の物産展が開催されていました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 1ヶ月ほど前に金魚屋さんで買ってきた金魚。

今まで居た金魚は寿命で他界しましたので、その後今の金魚を購入しました。

買ってきた時には全く気が付かなかったのですが、最近、ふとみますと口の周りが赤くなっておりなんだか口紅を塗っているように見えます。

その表情を見ますとなんだか可愛らしく、心が和む感じがすると家族で話していました。

長生きするよう大切に育てていきたいと思っています。

    横から見た感じ。
イメージ 1
 
    正面から見た感じ
イメージ 2
このエントリーをはてなブックマークに追加

 今日(5月13日)は毎年恒例の町内側溝清掃の日。

楽しみにしていた愛知県長久手市の移動運用は次週に変更です。

午前8時から各班単位で側溝の清掃をします。

私の班は町内でも比較的高齢者が多いので、どうしても私のような若手?に負担が掛かります。

昨日海津市の月見の森で258段の急な階段を上がった後遺症で、今朝はふくらはぎや大腿部が筋肉痛でつらい。 
イメージ 1

清掃場所は毎年変りますが、今日の場所は5年程前に行った所で、やや土砂が溜まっていました。

側溝清掃で一番辛いのがコンクリート製の蓋を上げる事です。

二人一組で作業を行いますが、最初の5枚位はなんなく上げられますが、10枚を超すとさすがに両腕や膝に疲れを感じるようになります。

私は過去腰を痛めたことがありますので、腰に負担が掛からないように作業をしますので、その分膝や両腕に負担が掛かり、清掃作業終了後は両腕と肩が筋肉痛になりました。

清掃作業中は50MHzのコンディションが気になっていましたが、JL2JGX局から携帯にメールが入らなかったので、コンディションは普段と変わりないのかと思いつつ、作業終了後急いで帰宅しました。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

訪 問 日:2012年05月12日(土)
場   所:岐阜県海津市南濃町羽沢
 
 海津市にある温泉施設「水晶の湯」を訪れた際、入浴前に軽い運動と思い、近くにある「月見の森」へ立ち寄りました。
 
この地を訪問するのは2回目で、5年前になります。 その時は初夏ではなく秋の中頃でした。
 
麓からのシャトルバスで温泉に着いた後、徒歩で2分程の所に”山の灯台”があります。
 
この灯台の裏手に月見の森と書かれた石碑が有り、その石碑の横に階段があって、足に自信のある方はこの階段を上り、月見広場へ向かいますが、足に自信のない方は少し時間が掛かりますが散策路を使って広場へ向かいます。
 
階段は直ぐ下を通る国道258号線に合わせて258段あるそうです。 段数はたいした事ははありませんが階段の傾斜角が約40度程あり、中程になりますと自分の体重をひしひしと感じます。
 
前回は途中で止まる事無くすんなりと月見広場まで行く事が出来ましたが、この5年間で足腰が弱くなった事を自覚し、残り1/3付近でとうとう休憩しました。
 
広場に到着すると広々とした展望台が設けられており、大パノラマを楽しむ事が出来ます。
 
素晴らしい景色を楽しんだ後、散策路には行かず先程の階段を下り、温泉に向かいました。
 
温泉にゆっくり浸かり、先程の筋肉痛をほぐしました。
 
    麓の水晶の湯駐車場にある月見の森案内看板
イメージ 1
 
イメージ 2
                                   月見の森入口 

イメージ 5
大きな木造の「山の灯台」  

イメージ 6
 
段数は258段とたいした事はありませんが傾斜角度が約40度程あり、足に自身のない方にはお勧め出来ません。
 
イメージ 7
 
広々とした展望台です。
 
ここから濃尾平野の大パノラマが楽しめます。 
 
イメージ 3
 
階段状になっている月見台。
 
ここで月を眺めたり、満天の星空を見上げる事が出来ます。 
 
イメージ 4
 
遠く名古屋市のJRツインタワーやミッドランドスクエアービルを望む事ができます。
(赤い丸印内)
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ