気まぐれkimokuの癌(上咽頭癌)闘病記

癌(上咽頭)との闘病後日常生活を取り戻し                                        趣味や近郊探訪、小旅行、スポーツ観戦、グルメ等、日々の出来事を気の向くまま記事を書いています。

2014年02月

 昨年の12月から公開されていた映画「永遠の0」を入院中から鑑賞したいと思っていました。
イメージ 1

今日で2月も終わりとなり、そろそろ上映終了時期ではないかとWebで調べてみると
本日も上映していますので、近くの東宝シネマズへ鑑賞に出掛けました。

2013年12月21日から全国430スクリーンで公開され、初日2日間の観客動員数は約42万人、興行収入約5億4200万円。

幅広い客層を集め、興行成績8週連続1位を記録しただけあって、さすがに感動しました。

NHK大河ドラマ「軍師勘兵衛」の主役を勤める岡田潤一が、この映画の主人公、宮部久蔵役で出演しています。

戦時中に「生き延びる」との言葉はこの時代では言語道断とされていましたが、零戦パイロットだった宮部久蔵は、天才的な技術を持ちながら“海軍一の臆病者”と呼ばれ、生還することにこだわったが、真実は家族を大切に思う事と、自分より若い兵に将来を託すために特攻隊志願させたくない思いがあったと思いますが、しかし、戦局が窮じてきた終戦間際に自ら特攻隊を志願し、26歳で自らの命を絶った宮部久蔵の生き様に感動しました。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

◆◆◆ タイヤ交換 ◆◆◆
 
 
 ソチオリンピックも終了し、2月も今日が最後。
 
今朝の天気予報では日中の気温が3月中旬並みになると報道されていましたが、実際には
岐阜市の最高気温は、18.0℃と前日差+6.6℃と4月上旬並みの気温となり、今年の最高
気温を観測したそうです。
 
朝から暖かい陽気に誘われて、冬用タイヤから普通タイヤの交換作業をしました。
 
冬用タイヤに交換したときはまだ入院中でしたので、年末に息子が帰省した際に交換して
もらいましたが、今回は私が作業を行なう事にしました。
 
女房はまだ退院してから1ヶ月少々なので止める様に云いましたが、久し振りに体調が良
かったので、早速身支度をして作業に取り掛かりました。
 
冬用タイヤ装着時            車止めをしっかりとして        普通タイヤに交換終了
イメージ 1
 
しかし、さすがに4ヶ月間も入院生活を続けますと、この年になってから元の体力に回復
するまで時間が掛かるようです。
 
昨年の交換の際には30分程で交換出来たのですが、脚力や腕力が相当落ちており、タイヤ
がこんなに重いとは思いもしませんでした。
 
冬用タイヤを1本外しては休み、普通用タイヤを1本取り付けては休みといった具合で、結局
は2時間程掛かりました。
 
後片付けもそこそこに、作業を終えた後は腕は筋肉痛、腰は痛くなり、更には息苦しくなりましたので暫く横になっていました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日(2/25)羽島市民病院の耳鼻咽喉科で退院後の定期検診を受けました。
 
2/10に岐阜大学病院で撮影しましたMRIの画像をDVDに複写して、羽島市民病院のM医師に手渡ししました。
 
M医師は先にも紹介致しましたが、岐阜大学病院の副院長でもあり耳鼻咽喉科の科長でもあります。
 
M医師の見立ても大学病院の担当医師と同じく、画像上は消えているように見えるが、定期的にMRI撮影を行って、当初の病巣(癌細胞)近くのリンパ節の動き(腫れ具合)を監視する必要があるとの見解でした。
 
リンパ節の動きによってはPET(陽電子放射断層撮影)検査を受けて、再発若しくは癌の転移がないか調べる事になると説明がありました。
 
一通り説明を受けた後、先週岐阜大学病院で中耳炎の処置をして頂きましたが、右の耳の聞こえ方が良くないので診て頂くと、通気用のチューブが既に外れて異物となって耳管内に残っていましたので、取り除いた後耳管内の洗浄と消毒処置をして頂きました。

しかし、中耳炎が完治していないのでまだ聞こえ方が良くありませんが、今回の処置で以前よりは多少良くなりました。
 
お刺身や握り寿司等の”生もの”を食する事と、お酒類を飲んでも良いと、やっと許可が出ましたが、なるべく控えるようにと釘をさされました。
 
診察の後、血液検査の指示がありましたので、採血室に向かい、採血を終了後帰宅しました。
 
採血の結果は次週(3/4)の検診日に説明を受けます。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

訪問日時:平成26年02月17日(月)10:00~10:30
訪問場所:岐阜県高山市清見町牧ケ洞2145
       ・道の駅「ななもり清見」
公式ウェブサイト http://www.nanamori.jp/

イメージ 1


この道の駅は飛騨市の妻の実家や、高山市に来た折に良く立ち寄る道の駅です。
 
昨年の夏以来の訪問です。 道の駅前の国道158号線や駐車場はすっかり除雪されていましたが、駐車場の隅にはうず高く雪が積まれ、裏に廻ってみますと結構雪が残っていました。
 
今日は月曜日と云う事もありますが、158号線を走る車は少なく、駐車場もまばらに車が止っていました。
 
私がこの道の駅を訪れるお目当ては、飛騨・高山の土産物店や漬物店でも最近では見かけなくなった、私の大好物である”山ごぼう漬け”が置いてあるからです。
 
醤油漬けは時折見かけるのですが、味噌漬けはなかなか見かける事はありません。
 
国産の山ごぼうに味噌を使っている処に魅力を感じています。
 
自宅に帰ってから食すのが楽しみです。
 
国道158号線沿いに案内看板が        道の駅裏側は多くの雪で覆われていました
イメージ 4
 
この天気では駐車場もまばら         私の大好物”山ごぼう味噌漬け”
イメージ 5
  
周辺の観光案内図とこの道の駅の案内     駅舎の梁には「ななもり」の由来が
イメージ 6
 
道の駅のスタンプ
イメージ 2
イメージ 3
このエントリーをはてなブックマークに追加

イメージ 1
   売店入り口前には大きな”かまくら”が作ってありました
 
2月16日(日)、義父の3回忌に出席のため飛騨市神岡町へ行きました。
 
いつも東海北陸自動車道で帰りますが、冬場はスキー客を避け、平日移動する事にしていますしかし、今回は私の体調や他に用事があったため、日曜日の移動となりました。
 
法事は11時からの予定でしたので、少し余裕を持って7時前に自宅を出発。
 
美濃インターチェンジを過ぎた頃から渋滞になり、スキー客で渋滞するには早すぎると思っていると、ラジオの高速道路情報(1620KHz)で、美並ICと美濃IC間にある”古城山トンネル”内で事故が発生したとの情報。
 
古城山トンネルの入ると中程の所で乗用車4台の玉突き追突事故。

後から2台目の車は原型を留めない程押し潰されていましたが、救急車はいないので怪我人があったのかどうかは分かりません。 この事故で約40分の時間ロス。
 
古城山トンネルを抜けてからは順調に走行する事が出来ましたが、車線が2車線から1車線に変わる白鳥ICから混み合うようになり、電光掲示板には高鷲トンネル付近を先頭に約6㎞の渋滞と表示されていましたが、意外と速く高鷲トンネルを抜けることが出来、ひるがの高原サービスエリアに予定より30分遅れで到着する事が出来ました。
 
前日山梨県を中心に関東地方では記録的な大雪に見舞われましたが、ここひるがの高原も雪が多く、観光用に”かまくら”等が作ってありました。
 
しかし、駐車場には日曜日にもかかわらず、車が少なく拍子抜けしましたが、大半が手前の高鷲ICで降りてスキー場へ向かったのではないかと思います。
 
車から下りますと吹き飛ばされる位風が強く、雪原では雪煙が立ち上がっていました。
 
休憩を済ませた後、飛騨清見インターに向かいましたが、私たちが法事を済ませた午後0時30分頃には荘川ICと飛騨清見IC間の上小鳥トンネル内で6台の多重事故が発生し、上下線が3時間の通行止めとなった他、同時刻頃荘川ICと高鷲ICの下り線で乗用車が観光バスに追突・炎上する事故が発生し、5時間程通行止めになったとテレビで報道していました。
 
イメージ 2
 
日曜日の午前9時半頃の下り線駐車場。
 
手前の高鷲ICで大半の車が降りたのか、車が少なく拍子抜けの状態。
 
風が強く雪原では雪煙が立ち上っていました。 
 
イメージ 3
 
上り線駐車場の展望台から見えるダイナランドスキー場。
 
風が強いのかゲレンデには人が多くないように見受けられました。

イメージ 4
 
今冬の”ソチオリンピック”スノーボード男子ハーフパイプで銅メダルに輝いた「寺岡卓」選手で一躍有名となった、郡上市の「たかすスノーパークスキー場」遠すぎてハーフパイプは良く見えませんでした。 
 
イメージ 5
 
翌月曜日に立ち寄った上り線売店前に作ってあった”かまくら” 
 
イメージ 6
 
下り線売店前に作ってあった”かまくら”の横に何故か熊本県のユルキャラ「くまもん」が。
 
ついに「くまもん」は全国区に? 
 
イメージ 7
 
宿泊施設やここでしか味わえないスイーツ店などがある「クックラひるがの」
 
この寒さと雪のせいか人通りが全くありません。 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ