気まぐれkimokuの癌(上咽頭癌)闘病記

癌(上咽頭)との闘病後日常生活を取り戻し                                        趣味や近郊探訪、小旅行、スポーツ観戦、グルメ等、日々の出来事を気の向くまま記事を書いています。

2017年03月

訪問日時:平成29年3月30日(木)12:30~16:30
訪問場所:愛知県刈谷市東境町吉野55番地「刈谷ハイウェイオアシス」


 以前伊勢湾岸自動車道を通った際、一度立ち寄ってみたいと思っていました「刈谷ハイウェイオアシス」。

昨日孫と一緒に行ってきました。

「刈谷ハイウェイオアシス」は伊勢湾岸自動車道の刈谷市と豊田市の境界付近にあるパーキングエリア内に有り、上り線の駐車場の一部が豊田市になります。

伊勢湾岸自動車道豊明ICを出て国道1号線に入り、今川町東交差点を左折して10分程で到着しましたが、平日にもかかわらず来場者が多く、駐車場に入るのに20分程待たされました。

イメージ 1

駐車場に入り先ずは”腹ごしらえ”とセントラルプラザ内のフードコートに入りますと多くのお客さんで賑わっており、各店舗の前では長い行列が出来ていました。

イメージ 2

昼食後、孫たちが遊べる施設内の「岩ヶ池公園」に向かいましたが、この公園周辺の駐車場も満車状態でした。

イメージ 3

途中に大観覧車があり、この観覧車の”売り”の一つ、床が透明になっており、床下が見えてスリルを味わう事が出来るそうです。

イメージ 4

白色のゴンドラの床下が透明になっています。

イメージ 5

もう一つの”売り”が「デラックストイレ」

イメージ 6

男性用トイレは金属の質感をメインにした壁や扉がメタリック調になっており、とても美しく感じられました。

施設内には「天然温泉 かきつばた」もあり、入口付近には無料の「足湯」もあって、多くの方が楽しんでいました。

イメージ 7

イメージ 8
このエントリーをはてなブックマークに追加

 人生もこれで最後。

曹洞宗大本山永平寺に掲示されていました(その1)から(その5)までの言葉は、このお寺で修行されています僧侶の『誓願』ではありますが、私のような”凡人”にもあてはまる内容と感じました。
残された人生を悔いなく過ごせるよう、この中の一つでも実践できるよう日々心掛けていきたいものです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

このエントリーをはてなブックマークに追加

*** 人生訓 心のよりどころ ***


イメージ 1

イメージ 2
次の言葉は、いつでも、どこでも、誰でも実践できる事です。
この言葉をかみしめ、これからも続けていきたいと心に誓いました。
イメージ 3
このエントリーをはてなブックマークに追加

*** 人生訓 心のよりどころ ***
(その3)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年12月6日に「胸部CT」と「頭頚部造影MRI」検査の結果説明を兼ねて受診してから3ヶ月が経過し、本日(3月28日)羽島市民病院の耳鼻咽喉科を受診しました。

今年になって初めて受診しましたが、耳鼻咽喉科の受付担当者が変わっており、私の担当医でもあります岐阜大学病院から来られていますM医師は、勤務が4月から従来の毎週火曜日の午前中が、第1、3、5週の火曜日午前中に変更になると説明がありました。

さて、今日の診察は何時ものように内視鏡で癌病巣のあった所を目視検査しました。

結果は『異常なし』でしたので、まづはホッとしました。

検査後M医師と話をする時間が少しとれました。
・上咽頭癌は他の癌に比較して飛びやすく(転移し易く)、放射線治療の初期の
 段階で首から肩に掛けてリンパ腺の集中している部分に放射線をあてる。

・他の癌と同様肺に転移する確率が高く、治療後も「胸部CT」検査を定期的に
 行う必要がる。

・肝臓や他の臓器については血液の状態である程度把握できるので、定期的に血
 液検査を行う必要がある。

と説明をして頂きました。

診療後、放射線部で「胸部CT検査」と「頭頚部MRI検査」の予約をし、その後血液検査室で採血を行いました。

5月10日(水)に「胸部CT検査」と「頭頚部MRI検査」を受ける予定です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ