気まぐれkimokuの癌(上咽頭癌)闘病記

癌(上咽頭)との闘病後日常生活を取り戻し                                        趣味や近郊探訪、小旅行、スポーツ観戦、グルメ等、日々の出来事を気の向くまま記事を書いています。

2017年09月

 9月23日(土)の中日新聞に、海津市南濃町を流れている津屋川堤防の『彼岸花』が見頃を迎えていると掲載されていました。

土日は混雑すると思い、昨日(9/25)の午後見学に行ってきました。

場  所:海津市南濃町津屋川左岸(養老鉄道 美濃津屋駅から徒歩約10分)

イメージ 1

川面に反射して綺麗です。

イメージ 9

イメージ 2

今日が満開のようです。 太陽の日差しでキラキラと輝いて”ダイヤモンドリリー”のようです。 海津市の広報担当と思われる女性職員の方が写真撮影をしていました。

海津市のHPに本日の開花状況を投稿されるのでしょうね。

イメージ 7

あちらこちらに蕾があり、ここ2、3日が見頃ではないかと思います。

イメージ 8

イメージ 3

自称”カメラマン”らしき方が写真撮影に訪れており、堤防では若い女性連れが花の中に入り、スマホで自撮していました。インスタにでも投稿するのでしょうか。

駐車場は南側と北側の2ヶ所あり、広域農道から入って直ぐ右手に有ります南側駐車場が広く、整備されていましたが、平日の午後にもかかわらず8割方埋まっていました。
      南側駐車場です。
イメージ 4

      北側駐車場です。
イメージ 5

南濃梅園入口前の休憩所

イメージ 6

他にも色々見所があります。

イメージ 10

ご覧頂いた皆様も一度お出掛けなさってはいかがでしょうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月19日付け中日新聞の朝刊に「国立がん研究センター」から『病院別 5年生存率初公表』の記事が掲載されていました。

イメージ 1
 
これは8月9日に投稿しました「癌 がん 5年相対生存率」に続き、病院別のデータが初めて公表されました。

このデータは地域のがん医療を担う「がん診療連携拠点病院」等、全国の188施設のデータを元に作成されています。

2008年に「がん」と診断された患者が5年後に生存している割合を示しています。

ちなみに中部地方の病院では

イメージ 2

上図のようになっています。

がん治療を行う全ての病院、全ての種類の癌を網羅したものでは有りませんし、病院ごとの患者数や、病期もまちまちになのでこのデータをどう受け取るかは、ご覧頂いた方がご判断頂ければと思います。

残念ながら私が患いました「上咽頭がん」は症例が少ない為、一覧表には掲載されていませんでした。

国立がん研究センターのURLは、http://www.ncc.go.jp/jp/ になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨日18:50頃自宅前の公園を取り囲むように車が止まっており、スマートフォン片手に公園入口付近に人がおおぜい集まっていました。

「何かあったんですか?」と尋ねてみますと、ポケモンGoに登場の『スイクン』がこの付近に居るとの事。

       こんなポケモンらしい
イメージ 1

日本には今月いっぱいしか居ない”レア度の高いポケモン”だそうです。

ツイッターで拡散したのか分りませんが、車の他にバイクやサイクリング車等で駆けつけた人達で一時公園周辺は多勢の人が集まっていました。

イメージ 2

こんな田舎町のしかも近所の人しか知らない公園にレア度の高いポケモンが出現するなんて信じられませんが、皆さんが探している様子を見ていると居たんでしょうね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報通信研究機構では太陽フレア(太陽表面の爆発現象)が9月6日の夜観測され、太陽から放出された電気を帯びた大量の粒子が、当初8日午後3時頃から9日午前0時頃にかけて地球に到達すると見通しを立てていましたが、8日午前9時頃から到達し始めたと発表されました。

イメージ 1

太陽フレアは毎日起きているそうですが、今回は2006年12月以来と云う大規模なもので、カーナビのGPSに誤差が出たり、短波帯に影響が出たりするそうです。

実際どうだったのか昨日短波帯(7、10、14、18、21、24、28MHz)を9時頃から1時間程聞いて見ましたが、通常と状況に変わりは無く、特に7MHz帯は相変らずコンディションが悪く、太陽フレアの影響があったのかどうかは分りませんでした。

朝夕の気温が下がり過ごし易くなりましたが、日中はまだまだ30℃を超えており、30℃を超えなくなるようになってから移動運用を楽しみたいと思っていますが、それまでにHF帯のコンディションが良くなってほしいものです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨日は雨模様の天気。
こんな時には「映画鑑賞」と、東宝シネマズに出かけました。
観賞しました映画は、8月26日に封切りされました、今話題作の『関ヶ原』。

イメージ 1

「天下分け目の関ヶ原」と云えば大半の方はお分かりと思いますが、西軍の石田光成と東軍の徳川家康が戦った「関ヶ原の合戦」を題材にした映画で、話題作と云う事もあり、館内は平日にもかかわらず、シニア層の方が多く観賞されていました。

監督・巨匠、原田眞人がフルスクリーンに描く、大スペクタクル・アクションに魅了されます。

石田光成役を演じる岡田准一、徳川家康を演じる役所広司をはじめ、NHK朝の連ドラ「ひよっこ」で主役を演じる有村可純が伊賀の女忍者を演じ、他に松山ケンイチ、東出昌大、等豪華キャストが出演。(公式サイト http://wwwsp.sekigahara-movie.com/)

上映時間約2時間30分の映画でしたが、短く感じられるほど楽しく観賞する事ができました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ