気まぐれkimokuの癌(上咽頭癌)闘病記

癌(上咽頭)との闘病後日常生活を取り戻し                                        趣味や近郊探訪、小旅行、スポーツ観戦、グルメ等、日々の出来事を気の向くまま記事を書いています。

2018年03月

訪問日時:2018年3月30日(金)12:30~15:00
場  所:岐阜県加茂郡八百津町八百津1071
                 TEL 0574-43-2460

 2016年5月に訪問して以来2回目の訪問となります。

イメージ 1

今回は小学生の孫が学校で「杉原千畝」のことに関して学習し、実際に現地に行ってみたいとの希望で、2回目の訪問となります。

館内は撮影禁止となっているため、孫は展示品一つ一つをじっくりと眺め、時折メモを取っていました。

イメージ 2

『杉原千畝記念館』は広々とした「人道の丘」の中にあり、どこの国の方か分りませんが、外国の方が観光バスで来館されていました。

記念館には学習室が設けられており、杉原千畝に関する書籍が多く蔵書されて、孫は関心のあるところをメモしていました。

人のお世話にならぬよう、人のお世話をするよう、そして、報いを求めぬよう」の『自決三決』の言葉が、杉原千畝の人生を支えていたようです。

イメージ 3

人道の丘公園内には、パイプオルガンを思わせるようなモニュメントがあり、八百津町から世界の平和を願って、“世界に平和の光と音楽を”のメッセージを発信しています。

イメージ 4

杉原千畝記念館から少し下ったところに、八百津町を見下ろせる高台が有り、そこには3種類の音色を奏でる『命のビザ』モニュメントがあります。

杉原千畝の願いが世界に届くよう、お出掛けの際には一度奏でてみて下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ここ数日、初夏を思わせるような陽気で、自宅横を流れる足近川沿いの桜並木が満開となり、我が家の庭の花木も成育が活発になってきました。

イメージ 1

クリスマスローズです。 恥ずかしいのか、花はいつも下に向いています。

イメージ 2

アセビです。白いすずらんのような花が咲いています。

イメージ 3

ムスカリも薄紫色の花を咲かせてくれました。

イメージ 4

花ニラの花です。淡い青色の花びらが気に入っています。

イメージ 5

フェンス沿いに植えて有りますシバザクラです。薄青色の花が咲いています。

イメージ 6

薄青色に混じって、赤色のシバザクラも咲いています。

イメージ 7

こちらもシバザクラになります。白い花びらに赤色の斑が入っています。

イメージ 8

スカシユリも芽が出てきました。

これから5月にかけてツツジや皐月が咲くようになりますと、我が家の庭は色々な花が咲き乱れ、賑やかになります。

イメージ 9

お隣との境に有りますモクレンです。 まもなく大きな花が咲きます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ここ2、3日の初夏を思わせるような陽気で、自宅横を流れる足近川の桜並木が満開になりました。

昨年は4月6日に満開となりましたので、今年は10日程早く満開になりました。

2月の寒波襲来からすると、例年より遅くなるのではないかと予想していましたが、見事に予想が外れました。

イメージ 1

日中は何処からともなく桜見物に来られる人が川沿いを行き来し、養護施設の車が列をなして通り過ぎていきました。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
このエントリーをはてなブックマークに追加

 気象庁から3月17日(土)、東京で桜(シメイヨシノ)が開花したと、発表がありました。

これは平年より9日早く、昨年より4日早かったそうです。

気象庁の職員が靖国神社にあります『標本木』で5輪以上の花が咲いているのを確認し、発表に至ったそうです。

イメージ 1

我が家の横を流れる足近川の桜並木の状態は、全体的にまだまだ堅いつぼみになっています。

イメージ 2

一部に間もなく咲きそうな”つぼみ”を見つけました。

今日のような暖かさが続けば、2~3日後には開花しそうです。

イメージ 3

上の画像は昨年4月2日に撮影した、満開の状態です。

桜並木に混じって植えられています「桃の木」は、満開に近い状態でした。

イメージ 4
このエントリーをはてなブックマークに追加

訪問日時:2018年3月14日(水)14:30~15:40
場  所:岐阜県安八郡安八町外善行3208
       安八町ふれあいセンター
      TEL:0584-64-6530
梅まつり期間:2月18日~3月18日

イメージ 1

この梅園は2010年3月に訪れて以来、3回目の訪問となります。

イメージ 2

イメージ 3

この梅園は敷地面積約3.9haの中に、町の梅バンクに寄贈された梅の木を含めて、100種類1,200本以上の「実梅」、「花梅」があり、入園料や駐車料は無料で、毎年この時期になりますと近郊から多くの来園客が有ります。

駐車場はこの時期に限り、隣接する「浄化センター」に設けられますが、陽気に誘われてか平日にもかかわらず多くの来園客がありました。

イメージ 4

梅園脇には露店もありました。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ