気まぐれkimokuの癌(上咽頭癌)闘病記

癌(上咽頭)との闘病後日常生活を取り戻し                                        趣味や近郊探訪、小旅行、スポーツ観戦、グルメ等、日々の出来事を気の向くまま記事を書いています。

2019年06月

suzu

本日(6月21日)スズムシ(すず虫)の卯化が始まりました。

昨日から何となく蒸し暑くなり、今日も朝から蒸し暑くなってきました。

朝洗面を終え、ためしに虫かごを覗いて見たときには変化は有りませんでした。

昼過ぎ頃から身体が何となく汗ばむようになりましたので、もう一度虫かご覗いてみますと、おっ、いましたいました。

体長1.5mm程、透明に近い白色で、まだ卯化したばかりの状態でした。

デジカメで撮影してみましたが、とても画像では確認できる大きさではありません。

1週間もしますと褐色に変わり、体長も2mm位になってエサを食べるようになります。

昨年は6月8日に卯化しましたので、13日遅れになりました。

今年は梅雨入り(6月6日)してから涼しい日や、暑くても乾燥した天気が続いていましたので、6月下旬頃から7月上旬頃に卯化するのではないかと予測していました。

これから序々に大きくなり、例年ですと8月のお盆過ぎに鳴き始めるのですが今年はやや遅くなるかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加


イメージ 1



 昨日今シーズンナゴヤドームで3回目のプロ野球を観戦してきました。

2019日本生命セパ交流戦は今日の試合も含め残り5試合となりました。

前夜は16×2と大敗した中日ドラゴンズ、今夜は締めた試合をしてほしいと願うのは、ナゴヤドームに詰め掛けた多くの中日ファンが思っていることでしょう。
         ナゴヤドームに向かうファンの列
イメージ 2

イメージ 3

最近は理不尽な殺傷事件が続いています。何時ものように入場前に持ち物検査。

イメージ 4

何時もこのゲートから観覧席に入ります。

イメージ 5

席に着きますと目の前はこんな感じ。 直ぐ後方には各社の放送室が有ります。

イメージ 6

本日の両軍の先発メンバー。

イメージ 7

今日はドアラちゃんの”バック転”が成功しましたので、勝利を信じました。

イメージ 8

応援空しくまたもや逆転負けを喫しました。

イメージ 9

これで今期最多の「借金10」なかなか泥沼から抜け出すことが出来ません。
打線の芯になる選手、守備の要を任せられる選手の出現が望まれますが、現有戦力では望み薄のような感じがします。
悲しいですが、今シーズンも5位か6位が定位置になりそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 名古屋地方気象台から本日午前、「東海地方が梅雨入りしたとみられる」と発表がありました。

昨日とはうって変わって、朝からシトシトと雨が降り続き、時折強く降る事も有りました。

昨年より2日遅く、平年より一日早い梅雨入りとなりました。

イメージ 1

夕方から夜半に掛け、東海地方は大気が不安定になるため、所により激しい雷雨や突風の恐れがあるそうです。

被害が出ない事を祈っています。

我が家の庭には橙色のスカシユリが咲き始めました。

イメージ 2

ピンクやイエロー、白色の花も間もなく咲きそうです。

イメージ 3
このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月31日(金)に一般公開されました邦画『長いお別れ』を昨日鑑賞してきました。

原作は直木賞作家 中島京子の小説『長いお別れ』。

イメージ 1

近い将来65歳以上の1/5が発症するといわれている「認知症」教師であった主人公が70歳の誕生日で家族が集まった時に、「認知症」と母親から知らされる。

徐々に記憶を失って行く主人公を献身的に介護する妻と、父の発症により自分自身の人生と向き合うことになる二人の娘。

7年後には脳の萎縮により自己呼吸が出来なくなり、人工呼吸器を取り付けるようになりますが、77歳の誕生日を迎えた後、息を引き取ります。

アメリカ生活の長女の息子は高校生です。 

しかし、登校拒否が続き最後には退学になりますが、その時の教師との会話で、教師から「長い期間を経て徐々に記憶が薄れて行くことを”長いお別れ”(認知症)」と云う言葉がこの映画の締めくくりになっていました。
私もそのような年齢に近くなり、他人事では無いように感じました。

イメージ 2
このエントリーをはてなブックマークに追加

 今日は朝からドンヨリとした曇り空。

鹿児島地方気象台は5月31日に九州南部が梅雨入りしたとみられると発表がありました。

東海地方の梅雨入りは昨年が6月6日でしたから、今年は平年並みの8日から10日頃になるのではないでしょうか。

我が家の庭木は雨を待ちわびているようでした。

エキノプシス属のウニサボテン、短毛丸です。

ラッパ状の大きな花が特長です。
イメージ 1

キキョウ科ホタルブクロ属のホタルブクロ。

イメージ 2

ラン科シラン属のシラン。花の色は紫、赤紫、白などありますが、我が家の色は薄いピンク色をしています。

イメージ 3

7月になりますと、スカシユリ、アガパンサス、マンデビラ、クレマチスやアジサイ等が咲きそろいますので、今から楽しみにしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ