2021年4月28日中日新聞朝刊より

国立がん研究センターは27日、2008年にがんと診断された人の10年後の生存率が59.4%だったと発表しました。

筆者が『上咽頭がん』と診断されたのが2013年でしたから、まもなく8年になりますので、この新聞記事に興味がありました。

a12
(※画像をクリックしますと拡大されます)
今回は全国で専門的ながん治療を提供する病院の患者約23万8000人の大規模なデータを、初めて使って10年生存率を算出しました。
過去に色々なデータを基に算出されましたが、若干ではありますが生存率が向上しています。
しかし、ステージ1期の生存率は向上したものの、「4期」は依然として低く、早期発見・早期治療が望まれます。
部位別では「膵臓がん」が最も低く、小細胞肺がんも低い値となっています。

詳しくは国立がん研究センター  https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2021/0427_3/index.html でご覧頂けます。