気まぐれkimokuの癌(上咽頭癌)闘病記

癌(上咽頭)との闘病後日常生活を取り戻し                                        趣味や近郊探訪、小旅行、スポーツ観戦、グルメ等、日々の出来事を気の向くまま記事を書いています。

カテゴリ: ⚾スポーツ観戦

2020年10月26日 17:00から開催されました『2020年プロ野球ドラフト会議』で、中日ドラゴンズがドラフト1位指名で2018年大阪桐蔭高校の根尾昂選手、2019年東邦商業の石川昂弥選手に続き、今年は中京大学付属中京高校の高橋宏斗選手を指名権獲得し、3年連続地元出身の選手を獲得しました。

a1

a2

今年は競合球団が有りませんでしたので、固唾を呑みながらテレビを見ていましたが、ホッとしました。
2018年と2019年は共に高校出身の野手を1位に指名しましたが、今年は投手を指名・獲得しました。

当面は二軍でみっちりと基本を磨き、2、3年後には一軍で活躍する事を期待しています。


クリックお願いします
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

本日17:00より『2019年日本プロ野球ドラフト会議』が開催されました。

第1巡目は注目の「星稜高校 奥川恭伸投手」は、読売ジャイアンツ・ヤクルトスワローズ・阪神タイガースの3球団が指名、「大船渡高校の佐々木朗希投手」は、西武ライオンズ・楽天イーグルス・ロッテマリーンズ・日本ハムファイターズの4球団が指名、「東邦高校の石川昂弥選手」は、中日ドラゴンズ・オリックスバファローズ・ソフトバンクホークスの3球団が指名。

b1

それぞれ指名球団の抽選となり、東邦高校の石川昴弥選手は私が大ファンの中日ドラゴンズの与田監督が引き当てて、大ヒット。 昨年も根尾昴選手を引き当て、2年連続しての快挙に与田監督の幸運度がハンパない。
b2

中日ドラゴンズが交渉権を獲得した事で、ニッコリ微笑む石川昴弥選手。
b3

ちなみに、佐々木朗希投手はロッテマリーンズが、奥川投手はヤクルトスワローズが交渉権を獲得しました。

中日ドラゴンズは、与田監督が将来の展望として、3番根尾昂 4番石川昂弥の構想を描いているようで、今後が楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月13日、ナゴヤドームで行われました、中日ドラゴンズと阪神タイガースの試合を観戦してきました。
b3

席に着きますと、中日ドラゴンズの選手たちがストレッチを行っていました。
a1

試合開始前に中日ドラゴンズの大野雄大投手の表彰式が行われました。
a3

両軍の先発メンバーです。 中日ドラゴンズの先発投手は柳裕也投手です。なにか嫌な予感が・・・
a4

予定通り18:00にPLAY BALL
a2

安の定、柳投手が3回表に阪神打線の集中打を浴び4点を失うと、その後も小刻みに加点され、7失点。
中日は昨日の広島戦同様打線が繋がらず、7本ヒットを打ちながら得点は僅かに1点止まり。
結果は7対1と阪神タイガースの圧勝。 中日ファンとして情けない思いがします。
b2

9回の表、阪神タイガースの攻撃の際、阪神去就で話題になっています鳥谷敬選手が代打で出場。
スタンドからは”ウォー”と歓声が沸き起こりました。 結果は四球でした。
b1

このエントリーをはてなブックマークに追加

8月22日(木)ナゴヤドームで中日対巨人戦の試合を観戦してきました。

試合開始前には東邦高校マーチングバンド部の演奏が披露されました。
a1

今日の両チームの先発メンバーです。
b22

中日ドラゴンズ先発投手は梅津晃大選手です。
b2

この試合で勝利を収め、球団として新人投手がデビュー戦で勝利して2連勝を飾りました。

この記録は、近藤真一投手以来32年ぶりの事だそうです。

いつものようにドアラやパオロン、シャオロンが中日必勝を願って応援していました。

a3

序盤から点の取り合いとなりましたが、応援のし甲斐があって久しぶりに勝利を納め、筆者も溜飲を下げることが出来ました。
b6













試合後、応援席に向かって監督、コーチ、選手全員が挨拶をしました。
b61













本日のヒーロー、梅津選手とビシエド選手のヒーローインタビュー
c1













3回裏に勝利を決める2ランホームランを放ったビシエド選手
a2

ビシエド選手や梅津選手が場内を回っている時には、虹色の照明が点灯されていました。
c2

このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日、令和元年最初の第101回全国高校野球選手権大会が開幕しました。

49校の6日間の熱い戦いが始まります。

高校野球ファンとしては、たまらない6日間が始まります。

今大会には昨年春夏連覇を果たしました大阪桐蔭高校が出場できませんでしたので、寂しい感じがしますが、今大会はどのような熱い戦い、感動の場面、注目される選手の活躍等、どんなドラマが生まれるのか楽しみです。

甲

    前年度優勝校 『大阪桐蔭高校』
大1

   岐阜県代表 『中京学院中京』
中1

   愛知県代表『誉高校』
愛1

   三重県代表『津田学園』
三1

   静岡県代表『静岡高校』
静

   選手宣誓をしました愛知県代表「誉高校」主将 林山侑樹選手
宣
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ