気まぐれkimokuの癌(上咽頭癌)闘病記

癌(上咽頭)との闘病後日常生活を取り戻し                                        趣味や近郊探訪、小旅行、スポーツ観戦、グルメ等、日々の出来事を気の向くまま記事を書いています。

カテゴリ:◉映画鑑賞 > 邦画

a11

8月30日に公開された『引っ越し大名』
原作・脚本は「超高速参勤交代シリーズ」の土橋章宏、監督は「のぼうの城」等を手掛けた犬童一心。

あるとき及川光博扮する藩主・松平直矩が幕府から姫路から大分への国替え(引っ越し)を命じられる。

その引っ越しの総責任者に星野源が扮する姫路藩書庫番・片桐春之介に白羽の矢が立てられた。

引っ越しの知識が全くない春之介は、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)や前引っ越し奉行の娘(高畑充希)等の力を借り、一世一代のプロジェクトを知恵と工夫をこらして、無事に成し遂げるまでを、笑いと感動で楽しませてくれた作品でした。

これ以上は”ネタバレ”になるといけませんので、興味のある方は是非映画館へお出かけください。
a2
このエントリーをはてなブックマークに追加

  今日、東海地方が「梅雨明け「宣言されました。昨日は台風6号の影響で風雨が強く、東海各地で開催予定の花火大会や夏祭り等が延期や中止となりました。

7月26日(金)に公開されました『アルキメデスの大戦』を鑑賞してきました。

ab1

「永遠の0」や「ALWAYS三丁目の夕日」シリーズを手掛けた、山崎貴監督の作品。主演は2017年度日本アカデミー賞等を受賞した菅田将暉。

「菅田将暉」が演ずる天才数学者が、「舘ひろし」演ずる山本五十六の依頼で、新造戦艦(大和)の製造を阻止しようと、数学者の視点で描くストーリー。

現在憲法改正が論じられていますが、この映画は何かと考えさせられました。

ab2

このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHK朝ドラ『なつぞら』や、悲惨な事件があった『京アニ』等、アニメーションに関する事で話題が多い中、新海誠監督の話題作『天気の子』を観てきました。
t1

夏休みとあって、館内は中高生や若い女性たちが多く、いつもとは違った雰囲気でした。

前作の『君の名は』に続き2作目の観賞ですが、前作は岐阜県飛騨地方が舞台になり、今回は東京が舞台となっていました。

t2

前作同様細かい部分まで良く描かれていましたが、私的には、前作は内容が理解できましたが、今回はややストーリーが分かりにくかった感じがしました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月31日(金)に一般公開されました邦画『長いお別れ』を昨日鑑賞してきました。

原作は直木賞作家 中島京子の小説『長いお別れ』。

イメージ 1

近い将来65歳以上の1/5が発症するといわれている「認知症」教師であった主人公が70歳の誕生日で家族が集まった時に、「認知症」と母親から知らされる。

徐々に記憶を失って行く主人公を献身的に介護する妻と、父の発症により自分自身の人生と向き合うことになる二人の娘。

7年後には脳の萎縮により自己呼吸が出来なくなり、人工呼吸器を取り付けるようになりますが、77歳の誕生日を迎えた後、息を引き取ります。

アメリカ生活の長女の息子は高校生です。 

しかし、登校拒否が続き最後には退学になりますが、その時の教師との会話で、教師から「長い期間を経て徐々に記憶が薄れて行くことを”長いお別れ”(認知症)」と云う言葉がこの映画の締めくくりになっていました。
私もそのような年齢に近くなり、他人事では無いように感じました。

イメージ 2
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月1日に一般公開されました映画『七つの会議』を観賞して来ました。

この映画は、「半沢直樹」「下町ロケット」等、人気テレビドラマとなった池井戸潤原作の小説が映画化されたものです。

イメージ 1

主演は狂言界の至宝とも言われ、俳優としも知られています野村萬斎、他に香川照之 及川光博、片岡夢之助、世良公則、橋爪功、北大路欣也等豪華な顔ぶれ。

ストーリーは中堅メーカーに勤める営業課の万年係長が、データー改ざんを解き明かす内容です。

香川照之が「半沢直樹」でも演じた迫力ある演技や、野村萬斎演じる万年係長の隠れた行動に惹かれ、銀幕に引き込まれてしまいました。

資源の殆ど持たない日本は『技術立国』として世界に君臨し、高度成長時代を支えてきましたが、近年は自動車メーカーや建築業界等データ改ざんや、リコール問題が多発しています。

私達が現役の頃には想像できなかった事が、現在では平然と行なわれています。

このような事が続きますと世界から信頼を失い、日本経済に大きな打撃となることに警鐘を鳴らしているような映画でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ