気まぐれkimokuの癌(上咽頭癌)闘病記

癌(上咽頭)との闘病後日常生活を取り戻し                                        趣味や近郊探訪、小旅行、スポーツ観戦、グルメ等、日々の出来事を気の向くまま記事を書いています。

タグ:がん

2021年4月28日中日新聞朝刊より

国立がん研究センターは27日、2008年にがんと診断された人の10年後の生存率が59.4%だったと発表しました。

筆者が『上咽頭がん』と診断されたのが2013年でしたから、まもなく8年になりますので、この新聞記事に興味がありました。

a12
(※画像をクリックしますと拡大されます)
今回は全国で専門的ながん治療を提供する病院の患者約23万8000人の大規模なデータを、初めて使って10年生存率を算出しました。
過去に色々なデータを基に算出されましたが、若干ではありますが生存率が向上しています。
しかし、ステージ1期の生存率は向上したものの、「4期」は依然として低く、早期発見・早期治療が望まれます。
部位別では「膵臓がん」が最も低く、小細胞肺がんも低い値となっています。

詳しくは国立がん研究センター  https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2021/0427_3/index.html でご覧頂けます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 今日、3月15日(月)は昨年12月21日に予約していました、今年最初の定期検診日になります。
2013年9月に癌が見つかり直ちに入院し、4ヶ月間の抗がん剤と放射線による治療を終え、2014年1月に退院してから既に7年と2ヶ月が経過しました。

首回りの触診(首周りにはリンパ線が多くあり、腫れがないか診ます)のあと、いつものように内視鏡で癌のあった処を検査して頂きましたが、いずれも異常は見当たらないと診察されました。

『上咽頭癌』の5年生存率は40%~50%と云われており、何とか5年間は生きる事が出来ました。

通常、肺癌や大腸癌等は3年から5年経過した時点で定期検診は終了するようですが、私のようなウィルスが原因での癌はいつ再発するか分からない(上咽頭癌の症例が少ないこともあり)ので、5年経過しても継続して診て頂いており、高齢に成るにつれてリスクが高まることから、続けて診て頂けることは有難いことです。

次の定期検診は6月7日に予約しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「中日新聞2021年2月24日付朝刊の新聞記事より。」

記事によりますと岐阜大学大学院医学系研究科腫瘍病理学分野の富田弘之准教授らの研究グループは、病状が進むと『胆管がん』になるとされてきた胆管内乳頭状腫瘍(IPNB)のモデルマウスを作り、IPNBががん化するまでの仕組みの一端を解明しました。

ab

胆管がんは癌のなかでも症例が少なく、治りにくいとされており、この研究の成果がIPNBを抑制して「胆管がん」の治療に応用できる可能性が示唆された。
将来『胆管がん』は治療の難しい癌ではなくなるのではないかと、期待できます。
詳しくは上記の画像を拡大してご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月に『上咽頭癌』の定期検診を受け、3か月後の予約日であります本日検診を受けてきました。

新型コロナ感染症拡大に伴う第3波で、羽島市内でも延べ感染者が58名、死者も1名発生している影響なのか、ロビーや診察室前の待合所は閑散としていました。

2013年9月17日に治療のため岐阜大学医学部付属病院に入院し、翌年1月15日に退院してから6年と11ヶ月が経過しましたが、経過観察のため未だに定期検診を続けており、『上咽頭癌』の治療の難しさ伺えます。

岐阜大学病院から派遣医師としてこられていますN医師の診察を受け、前回の検診からその後の体調変化について尋ねられた後、「嗅裂部・鼻因・副鼻腔の内視鏡検査」を受け、癌患部に異常が無いことを確認して頂きました。

一旦N医師の診察を終えた後、続いて隣室の耳鼻咽喉科のK医師に「良性発作性頭位めまい症」の診察を受けました。
「頭位変換眼振検査」の結果、まだ弱い眼振があり、これが「身体のふらつき」の原因になっていると説明され、引き続いて「リハビリ」を続けるよう指示がありました。

次回定期検診日は3ヶ月後の2021年3月14日に予約しました。


クリックお願いします
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

5月21日(火)に予約していました『骨シンチ検査』を、昨日岐阜大学医学部付属病院で受けてきました。
                           検査前に検査台に乗った筆者
イメージ 1

骨シンチ検査とは、微量な放射線を出す放射性医薬品(テクネMDP注射液)を検査前に注射器で体内に注入し、薬の動きをシンチレーションカメラで撮影する検査です。 

午前11時30分に処置室で放射線医薬品を注射器で注入します。

イメージ 2

過去3回『PET/CT検査』を受けた際には、朝食から食事を摂らないようにし、検査着に着替えてから検査薬を注入後、待機室で1時間じっと待機していましたが、『骨シンチ検査』はこのような制限は無いのですが、検査薬の効果が出てくるまでの4時間待ち時間がある事です。
受付の方の説明では飲食は自由との事でしたので、一旦院外に出て昼食を兼ねて近くのショッピングモールで検査時間まで過ごしました。

時間通り午後3時30分検査室に入り、検査が始まりました。

イメージ 3

イメージ 4

検査は『Discovery 670DR』と云うRI(ラジオアイソトープ)検査を行う装置で行います。
検査中は殆ど音が発生しませんので、一時寝てしまいました。
通常撮影時間は40分程で済むそうですが、私を診察して頂いた先生から、より細分化した画像が必要と依頼が有ったそうで、予定より20分程余分に時間が掛かりました。 その分費用も加算されました。
検査結果は5月30日(木)に診察して頂きました先生から説明を受けます。

イメージ 5

イメージ 6


目次に戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ