気まぐれkimokuの癌(上咽頭癌)闘病記

癌(上咽頭)との闘病後日常生活を取り戻し                                        趣味や近郊探訪、小旅行、スポーツ観戦、グルメ等、日々の出来事を気の向くまま記事を書いています。

タグ:コロナ

 本日(4月24日)市役所より『新型コロナウィルス予防接種券』が届きました。

bba

予約開始日は明日(4/25)午前8時30分からとなっています。
予約は「集団接種予約専用コールセンター」へ電話するか、「集団接種予約専用ホームページ」からのいずれかで行います。

a2
全国的に予約日には希望者が殺到して電話が繋がらなかったり、インターネットがダウンしたりとメディアで紹介されていましたが、果たして明日は予約できるか疑問です。

予約が受付出来ますと後日「予約確認通知書」が届きますので、「新型コロナウィルス予防接種券」「予診票」等の書類を持って接種会場へ行くスケジュールになっています。

bcb

今回接種されるワクチンは「ファイザー社製」になります。

a3

「予診票」です。

a4

岐阜県は全国と同様感染拡大傾向となっており、しかも東海三県(愛知県・岐阜県・三重県)では変異株の感染者が一番多く、更なる感染拡大を防ぐため4月26日(月)から岐阜県独自の「緊急事態宣言」が発出される予定です。

岐阜県は65歳以上の高齢者向けワクチンは5月末までに必要数量の1/2近くを確保出来る見通しと、発表していますが、全国の状況や政府の対応をみますと難しいのではないかと思います。
又、4月22日現在の岐阜県の接種状況は、医療従事者約67,000人の内1回目接種が27,000人、2回目接種が13,300人で、65歳以上の高齢者(約650,000人)は1回目が約2,900人程と寂しい状況で、高齢者が5月中に完了するとはとても思えません。

明日8時30分から受付開始となりますので、「宝くじ」を引くつもりで予約申し込みをしてみます。
結果はどうなることやら。

8:30になった時点でインターネット申し込みしましたが、例によって「ただいま大
 変混みあっております。しばらくお待ちになってから再度お願いします」と、メッ
 セージが表示されました。
 9:00頃再度ログインしますと、今度はスムーズに予約手続きが終了し、第1回目は5
 月26日(水)14:00から第2回目は6月16日(水)14:00から接種の予約が出来まし
 た。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 政府は「新型コロナウィルス禍」で経済活動が停滞し、旅行業界や飲食関係の経済立て直しを図るために「GoToトラベル」や「GoToイート」等のキャンペーンを展開し経済立て直しを図っています。
我が街羽島市でも市内の飲食業を始め、色々な業種の支援を行う施策として『羽島市スーパープレミアム付商品券』を発行しました。

a1

先月末から今月初めにかけて市内の全世帯に「購入引換券」が郵送されており、10月8日(木)から販売が開始され、混雑を避けるために購入時間帯が決められており、私は9番の整理番号が指定されていました。

abc

そして本日購入窓口で夫婦二人分購入してきました。

内訳は、「共通券」5枚(1,000円×5)と、「じもと応援券」5枚(1,000円×5)の合計10,000円分を7,000円で購入でき、二人で6,000円分お得になります。

a2

市内の食品スーパーや洋菓子店、焼き肉店、寿司処等幅広く使え、有効期間も令和3年2月7日までありますので、年末年始の「物入り」の時期に活用を考えています。

クリックお願いします
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウィルス感染症の影響で経済低下を回復させるために、国では「GoToトラベル」や「GoToイート」等の施策が展開されていますが、羽島市も市内小売店の経済回復を図るために『スーパープレミアム付商品券』の発売を始め、その購入引換券が本日郵送されてきました。
k1

10,000円分の商品券を7,000円で購入することが出来ます。
市内に住民登録している全員に配布されていますので、5人家族ですと50,000円分の商品券を購入する事が出来ます。
z2

商品券は、「地元応援券」と「共通券」に分かれており、それぞれ1,000円×5と1,000円×5に分かれており、地元応援券と共通券が使用できます店舗が分けられております。

この商品券とは別に、令和2年4月28日から12月31日までに生まれた子供を対象に50,000円分の「子育て応援商品券」が配布され、今年は例年開催されています「敬老会」がコロナの関係で中止になりましたので、該当者には「長寿お祝い商品券」が配布されました。

各券の有効期間は令和2年10月8日から令和3年2月7日となっていますので、この先孫の誕生会、クリスマス会、年末の買い物などに使用するように計画を練っています。


クリックお願いします
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ